Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://lactinaclub.blog35.fc2.com/tb.php/42-4235b620
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

5月9日「小児科医に聞いてみよう」その2

アトピー性皮膚炎
軟膏の上手な塗り方にはテクニックが必要。
赤ちゃんの皮膚は70代くらい乾燥している。
アレルギー肌の一番の原因は肌バリアが少ない人で、遺伝的なもの。食物はきっかけ程度の人が多い。
ステロイドは短期集中で。小出しはよくない。目安は肌がツルツルしてきて厚みが出るまで。ステップダウンは人によるので医師と相談していく。

地味な事が大切。
重い薬を短く使うほうが楽だが、大切なのは軽い薬を長く使うこと。

衣類のこすれる所(頬、首、関節など)に出やすい。衣類の素材選びも大切。
保湿を上手に。何回も塗ること。飲食前に塗るのも効果的で、「てかてか」する位塗る。
石鹸はたまに使う程度でよい。

以上は、アレルギー学会/皮膚科学会でも推奨している「プロアクティブ療法」という方法です。
詳しくは専門医と相談するとよいでしょう。


質問タイム

Q1:脱水症状の目安は「おしっこがオレンジだったら」と聞いたが。
A1:目安にはならない。おしっこが減る、顔色がよくない、頻繁に(5回近く)繰り返し吐くなどが目安。

Q2:皮膚が荒れているが日焼け止めを塗ってよいのか
A2:子供用の弱いものならよい。アトピーの軟膏とも併用できる。
スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://lactinaclub.blog35.fc2.com/tb.php/42-4235b620
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ラクティナクラブ

Author:ラクティナクラブ
ラクティナクラブは、妊婦さんや子育て中のママと赤ちゃんを対象に母乳で楽しく子育てしていく方法を学ぶところです。
参加費は無料!母乳に限らず、育児に関してのいろいろな講座をしていますので、お気軽にご参加くださいね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。