Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://lactinaclub.blog35.fc2.com/tb.php/40-682c27e0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

4月22日「お産について話そう・母乳育児のスタート」その3

●帝王切開について:安藤(スタッフ)

予定帝王切開の人以外はピンとこないかもしれないが、お産がすすまないなどの理由で緊急帝王切開になることもよくある。
医師からそう言われても妊婦はとまどうので、付き添う家族が背中を押す言葉をかけてあげるとよい。
開腹方法は縦と横があるが、それぞれメリットデメリットがある。

術中は意識があるので、状態が安定しているようなら赤ちゃんを新生児室に連れて行く前に、顔の近くに連れてきてもらったり触らせてもらえないか頼んでみるとよい。
目が悪い人は眼鏡もかけてもらう。
普通分娩と違い、産後すぐには同室になりにくいため、少しのふれあいでも思い出になる。

産後は周りの家族(特にご主人)に守ってもらうこと。
ベッドで動けない時はご主人と実母(いれば姉妹)までの面会にしてもらう方が心身ともに休まる。
ご主人の家族や異性の兄弟は新生児室ごしに赤ちゃんを見てもらうくらいにしてもらうとよい。
くれぐれも、出産した本人以外の色々な人が先に抱っこすることがないよう、ご主人によく言っておく。
(もちろん、ご主人は奥様の分までいっぱい抱っこして下さいね

帝王切開の産後は普通分娩よりナーバスになる人が多い。
周りの家族が「今までと違うな・元気がないな」と思ったら、お住まいの保健センターに相談するのもよい。
地域の子育て支援センターに来れば保育士など専門家がいて相談にのってくれるし、赤ちゃんを連れてくる場所なので気兼ねなく来られる。

入院中・産後とも、自分の気持ちや要望は周りに言ってみましょう。
コミュニケーションを取ることで、随分楽になることはあります。


今回はちょっとハプニングが!
いつも普通分娩の話をしてくれる的場さん(前代表で助産師)が夜勤明けで来るはずが、早朝からお産が3件重なり、講座終わりに顔を出すだけになってしまいました。
半年に1度、こうした妊婦さん向け講座を行っていますが、通常は普通分娩・帝王切開・母乳育児と3点セットでお話しています。
妊婦さんだけでなく、これからいつか産みたいなぁと思ってる方(第2子以降を含め)、里帰りしてくる妊婦さんを受け入れる家族、医療関係の方など、テーマに興味のある方ならどなたでも参加できますので、是非お越しください。

次回は通常の講座で5月9日(水)ニュータウン中央にあるイオンホールです。
ファミリーフェスタは10月28日(日)の予定です。
スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://lactinaclub.blog35.fc2.com/tb.php/40-682c27e0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ラクティナクラブ

Author:ラクティナクラブ
ラクティナクラブは、妊婦さんや子育て中のママと赤ちゃんを対象に母乳で楽しく子育てしていく方法を学ぶところです。
参加費は無料!母乳に限らず、育児に関してのいろいろな講座をしていますので、お気軽にご参加くださいね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。