Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月14日「離乳食・アレルギー・虫歯」その2

後期(10~11ヶ月)
3回食。主食、副食に分かれる。軟飯くらいが好きな子も。
卵は11ヶ月くらいから。完全に加熱した卵黄から始める。卵黄半分が平気なようなら白身も。白身半分が大丈夫なようなら全卵で調理してみる。

この進め方は中澤先生流です。
厚生労働省の示す進め方はこちらの44ページ。(PCのみ)

※離乳食とは「おっぱい・ミルクから離れる」食事ではありません。母乳・ミルクを「補う食事=補完食]と考える。
※生後6ヶ月から始め、普通の食事に慣れる(離乳の完了期)のは1歳半と1年間あります。焦らずすすめましょう。

注意点
・たんぱく質とアレルギー、母乳の関連については諸説ある。医療者の考え方は様々なので、自分なりに納得する方針をみつけてください。
・食物アレルギーの出現は食後20~30分で現れるアナフィラキシーと、24~48時間たって現れる遅延型がある。新しい食材を次々試すのではなく、1種類試したら2日は間を空け(その間は食べなれた食材)様子を見る。
・フォローアップミルクは特に必要ない。1歳前なら通常のミルク。1歳すぎなら牛乳。粉ミルクは宣伝してはいけないため、食品として作ったフォローアップを宣伝している。
・鉄分強化とうたわれているミルクでも、吸収率から言うと母乳の方が高い(ミルク12%、母乳50%)。母乳をやめてまでミルクにする必要はない。自分の食事や離乳食から摂る方向で。


★アレルギー
・除去食は自分でやらない!必ずアレルギー専門医の指導の下で行う。詳しくない医師もいるのでよく調べる方がよい。
・血液検査だけに頼らない。レベル1~6のうち、検査で出るのは4~6。1~3は出ないのに症状のある子がいる。
・アトピーっ子で母乳の子は、母親はチョコ、コーヒーは控えるほうがよい。カフェインではなく南国の豆はヒスタミンの含有量が多いため。


★虫歯
・虫歯になりやすいのは歯と歯ぐきの間、歯と歯の間、歯の裏側のくぼみ。
・小児歯科は虫歯になってから行くだけの所ではない。虫歯にならないための「予防歯科」でもある。相談のために受診するのもよい。
・歯の元は胎児期に作られている。乳歯は胎生4週、永久歯は胎生12週。
スポンサーサイト

3月14日「離乳食・アレルギー・虫歯」その1

参加者17組(うち妊婦1名)+スタッフ8名+中澤先生=計26組
講師:中澤淳子助産師(なかざわ助産院院長)

講座はラクティナクラブ「お役立ち資料」内「離乳食・虫歯・アレルギーについて(PCのみ)」に添って進められました。

★離乳食

離乳食の目的は「モグモグ・かみかみ」を練習することと考えている。
ドロドロは「飲む」飲むことは既に慣れている。

初期(6~7ヶ月)
1回食。授乳前の昼前頃がよいが、母乳の人は出の落ちる夕方でもよい。
10倍粥から。すり潰したドロドロではなくスプーンの背で潰す。重湯にちぎれたご飯が混ざっているような状態でよい。
赤ちゃん用スプーン1さじから始め、5さじ位がモグモグできるようになったら野菜1種を足す。
混ぜ粥の形でよい。カボチャなど甘みのあるものから始める人が多い。
葉物は繊維が多いので擦った方がよい。

初めのうちはまず食べないが構わない。(特におっぱいっ子は)
慣れるまで最高3週間かかる子もいた。

中期(8~9ヶ月)
2回食。野菜1~2種類、大豆、魚、果物も。お粥におかずが乗った状態。
魚は白身魚から。しらすは鰯の稚魚で魚卵(卵)が75%を占めるのでアレルギーの可能性がある子には気をつけながら食べさせる。
大豆が大丈夫なら醤油、味噌での味付けも開始。薄味の基準は大人と同じ…と言うと驚かれるが、大人の味付けが濃いだけ。これを機会に子どもと同じ薄さになるように工夫する。

この頃になると、離乳食・おっぱい・ミルクどれが好きかハッキリする。「好きなものは後」が大切。
おっぱいっ子なら離乳食→おっぱいの順。おっぱいばっかりの子でも「少しでも離乳食を食べたら」おっぱい、で慣らしていく。

離乳食が好きな子でも栄養摂取の中心はまだ母乳・ミルクなので、離乳食の量は哺乳量が落ちない程度にしておく。

Appendix

プロフィール

ラクティナクラブ

Author:ラクティナクラブ
ラクティナクラブは、妊婦さんや子育て中のママと赤ちゃんを対象に母乳で楽しく子育てしていく方法を学ぶところです。
参加費は無料!母乳に限らず、育児に関してのいろいろな講座をしていますので、お気軽にご参加くださいね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。