Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月13日「断乳・卒乳」その2

断乳の具体的な進め方例はサイトの資料にありますので参考にしてみてください(PCからのみ)

ここでは資料の補足のみ。

・断乳当日は、子どもが体をめいっぱい使う遊びができるようパパにお願いしておく。ドライブに出かけるのはダメ。
・おっぱいには顔を描き、「バイバイしたから違うものになった」と認識させる。その際、何度も見に来るが、見せるのはよい。ただし触らせない。子どもが諦められなくなるのと、他人のおっぱいも触ってよいものだと思う子がいるので。
・おっぱいを冷やすための物は前日から準備しておく。時間がたつと解けてくるので5組くらいは用意する。
・辛いときの搾乳はすっきりするまで絞らない。量でいうと片側でおちょこ1杯分(30ml)程度。

●当日のQ&A

・断乳時のお風呂は?:3日間くらいはシャワーがよい。浴槽で温まると母乳が出やすくなるので。子どもと入るときはTシャツ+絵→絵のみ。様子をみて臨機応変に。
・アレルギーがあるが、栄養士さんから断乳して離乳食をすすめては?と言われた(あまり大きくなってないので):最近はおっぱいとアレルギーの関連は無いと言う説もある。おっぱい+低アレルギーミルクから試してみては?元気に動く子は体重も増えにくいので様子を見ながらで。


※この夏、管理人多忙のため報告が遅くなりました…すいません。
※2010年7月および11月~2011年6月分までは臨時ブログに掲載されています。
スポンサーサイト

7月13日「断乳・卒乳」その1

テーマ「断乳・卒乳」
講師:中澤淳子助産師(なかざわ助産院)

断乳・卒乳については、ラクティナクラブ「お役立ち資料」卒乳・断乳 をご覧下さい。(PCのみ)
以下は講座内容です。

断乳:母からおっぱいをやめさせること。
卒乳:子が自然におっぱいから離れていくこと。

大きくなってからの方が話して理解させて断乳に臨めるのでおすすめ。
1週間など泣かせ続ければ取れるかもしれないが、悪いことをしていたわけでもないのに、そこまで泣かせるのは可哀想では?

●断乳の条件
・子どもがしっかり一人歩きできる
・食事が食べられる
・親子とも体調がいい
・大人の言う事が理解できる
・気候のよい春・秋がよい。
真夏(お盆)真冬(年末年始)は避ける。夏は脱水症状になりやすく、冬は風邪をひきがち。また、トラブルが起きても病院が休みなので。

●よくある質問

・母乳と虫歯:虫歯の一番の原因は食べ物のカス。これをしっかり取り除かないと虫歯になる。夜間授乳がある時期は寝る前の歯磨きをしっかりすること!中澤先生の所に通う人は厳しく言われているので、2~3歳まで夜間授乳があっても虫歯になる子は1人もいない。

・おっぱいばかりで食事をあまり食べない:1歳すぎたら欲しがるまま授乳→「(外なら)お部屋まで待ってから」、「このご飯を食べたら」おっぱいというように少しだけ我慢するスタンスへ。年齢がすすんだら回数・タイミングを決める。30分後に食事になるなら授乳せず待つ。

・職場復帰の予定です:自宅に居る間だけの授乳でも続けられる。入園後はとにかく病気をもらうので、おっぱいは残しておく。断乳するなら園の生活に慣れてからがよい。ママのおっぱいは10時、12時、15時に内圧抜き(搾乳とは違う)をするとよい。体が慣れればそれもだんだんいらなくなる。帰宅後は30分程度しっかり授乳すると子どもが落ち着き、家事などができる。

Appendix

プロフィール

ラクティナクラブ

Author:ラクティナクラブ
ラクティナクラブは、妊婦さんや子育て中のママと赤ちゃんを対象に母乳で楽しく子育てしていく方法を学ぶところです。
参加費は無料!母乳に限らず、育児に関してのいろいろな講座をしていますので、お気軽にご参加くださいね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。