Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/18講座報告「ワーキングマザーの母乳育児・断乳卒乳」

++++++++++お詫び++++++++++
UPが遅くなり申し訳ありません。
++++++++++++++++++++++++++



参加者 39組(うち初参加13 印西13白井10船橋3印旛6その他7) 
そしてスタッフ12名
講師の中澤先生と小谷さんの計53組という大人数でした。
関心の高さが伺えます。

寒い中いらしてくださった皆さん、ありがとうございました。

■□■保育園に入れるためにおっぱいをやめないで。■□■
理由①入園直後は病気をしがち。具合が悪い時におっぱいをあげられるとよい。
理由②精神的理由。お母さんから離れることへの精神的不安がある。
子どもを安心させるためにやめないでほしい。
復帰後一週間はおっぱいが張る。
内圧抜き(乳頭の根元を片方2分ぐらいずつ押す)をするとよい。
10時・12時・3時の3回くらいで。
卒乳は遅め。断乳するなら、一歳半以上、こちらの言うことを理解できるようになってから。
急ぐ必要はない。
お母さんが「この子からおっぱいを離しても大丈夫」と思えるようになってからやると
成功することが多い。真夏・真冬・年末年始は断乳しないで。
GWなど夫の協力が得やすい気候のいい時期に。
母親が落ち着いていないと子どもも落ち着かない。
子どもにはいつも気を向けて、言葉だけでなく体(タッチクング)をよくすると、子どもは満たされる。

保育園でも冷凍母乳を扱ってくれる園が増えている。
10カ月より前に復帰するときは冷凍母乳で。
「母乳相談室」の哺乳瓶を自宅で慣らしておくとよい(保育士へのレクチャーも必要)。

質問①:7か月で復帰。園でも冷凍母乳で対応してくれる予定。
いつまで冷凍母乳を持っていけばよいか。
⇒1歳くらいまで。冷凍母乳は3~5カ月もつので、
今のうちに用意し始めるとよい(1回100cc。付け足しは不可)。
暑い時期の移動のために小さいクーラーボックスが必要。
一度解凍してしまうと使えない。冷凍母乳は毎日持ち帰りしなくてはならない園もある。
また、解凍した際、少し古い母乳は分離することがある。
それを知らない保育士が捨ててしまったことがあるので、事前に言っておくとよい。

質問②:1歳過ぎだが離乳食をほとんど食べない。お茶は飲むがミルクもダメ。預けても大丈夫か。
⇒ミルクはもう飲まない。園では友達が食べているし、
おっぱいがない状況だから食べるのではないか。
自宅で離乳食を一さじ食べたらおっぱい、という習慣づけをしてみたら。

そのほか、
虫歯:最新の研究では、母乳であっても手入れをしなければ虫歯になる。
歯垢を残さない。歯が生えてきたらガーゼで拭いて慣らしておく。

Hibワクチン、久山先生はお勧めしている。
ただ接種できる医療機関が限られていて、久山先生のところも予約でいっぱい。
実質接種が難しい。少し様子を見てもよいのでは?

授乳中のお母さんのお薬について、飲んでもいいものもある。
医者によってはすぐ断乳と言われることもあるが、
日本ラクテーションコンサルタント協会やおくすり110番のサイトを参照するとよい。

以上助産師の中澤先生と的場さんからの補足も含めた内容です。






スタッフより
娘を預けた時のことを思い出します。
預ける前、ママも子どもも不安でいっぱいだと思います。
園選びや園が決まったあと、
保育園で母乳対応してくれるかどうかは、ご自身で園や役所で確認をすることを
オススメします。
不安なこと分からないことは遠慮せずに園の先生に聞いておいた方がいいです。
時間外の先生では分からないことも多いです。
担任の先生、栄養士さん、保健の先生、延長先生・・・みんながサポーターですよ☆
自己判断とウワサに惑わされないようにしてください。
また、園によりますが、
長時間離れる前そして迎えに行って自宅へ帰るまでに
園で授乳ができるスペースはほとんどないかもしれません。
冷凍母乳用に絞れるほど母乳が出ない状態でしたが(混合でした)
母乳をやめずにいてよかったと思います。










スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ラクティナクラブ

Author:ラクティナクラブ
ラクティナクラブは、妊婦さんや子育て中のママと赤ちゃんを対象に母乳で楽しく子育てしていく方法を学ぶところです。
参加費は無料!母乳に限らず、育児に関してのいろいろな講座をしていますので、お気軽にご参加くださいね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。